ダリ、デイル・ターブッシュ、ミッシェル・バテュ等有名アーティストを扱う葵美術

サルバドール・ダリ、ミュシャ、デイル・ターブッシュ、ミッシェル・バテュ等についてご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

株式会社葵美術の裁判事例 1 前提事実

前提事実(争いがない事実又は掲記の証拠及び弁論の全趣旨により容易に認定することができる事実)

(1)被告葵美術は肩書住所にある画廊(以下「本件画廊」という。)において、絵画を販売することを業とする会社であり、被告信販は、個別割賦あっせん業とする会社である。

(2)原告は、平成○○年△△月××日、被告葵美術との間で、N.E作の「A」と題する絵画(以下「本件絵画1」という。)を58万円で買い受ける旨の売買契約(以下「本件売買契約1」という。)を締結した。

(3) ア 原告は、平成○○年△△月××日、被告葵美術との間で、N.E作の「B」と題する絵画(以下「本件絵画2」といい、本件絵画1と合わせて「本件各絵画」という。)を120万円で買い受ける旨の売買契約(以下「本件売買契約2」)といい、本件売買契約1と合わせて「本件各売買契約」という。)を締結した。

  イ 原告は、同日、被告信販が立替払いし、原告が被告信販に対して139万円(うち39万円は分割払手数料)を分割弁済すること等を内容とするクレジット契約(以下「本件クレジット契約」という。)を締結した。

(4) ア 原告は、平成○○年△△月××日、被告葵美術に対し、消費者契約4条1項又は民96条1項に基づき、本件各売買契約をいずれも取り消す旨の意思表示をした。

  イ 原告は、本件第4回弁論準備手続期間において、被告葵美術に対し、特定取引に関する法律9条の3第1項に基づき、本件各売買契約をいずれも取り消す旨の意志表示をした。



●株式会社葵美術の裁判事例
主文
●事実及び理由
第1 請求
第2 事案の概要
第2 事案の概要 1 前提事実(現在のページ)
第2 事案の概要 2 争点
●第3 裁判所の判断
第3 裁判所の判断 1 争点(1)について<Ⅰ>
第3 裁判所の判断 1 争点(1)について<Ⅱ>
第3 裁判所の判断 1 争点(1)について<Ⅲ>
第3 裁判所の判断 1 争点(1)について<Ⅳ>
第3 裁判所の判断 1 争点(1)について<Ⅴ>
第3 裁判所の判断 1 争点(1)について<Ⅵ>
第3 裁判所の判断 1 争点(1)について<Ⅶ>
第3 裁判所の判断 1 争点(1)について<Ⅷ>
第3 裁判所の判断 1 争点(1)について<Ⅸ>
第3 裁判所の判断 2 争点(2)について
第3 裁判所の判断 3 結論

pdfで、全てを見たい方はこちら

その他の当社以外の絵画に関する裁判事例がありましたので、ご紹介いたします。
損害賠償事件


スポンサーサイト

テーマ:お知らせです。 - ジャンル:日記

  1. 2011/03/31(木) 13:41:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<株式会社葵美術の裁判事例 2 争点 | ホーム | 株式会社葵美術の裁判事例  事実及び理由 第2 事案の概要>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2015/01/11(日) 05:15:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoibijutsu.blog51.fc2.com/tb.php/9-12ac744a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

葵美術

Author:葵美術
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
サルバドール・ダリ (1)
ミュシャ (0)
エルテ (0)
デイル・ターブッシュ (1)
ミッシェル・バテュ (0)
ジョン・ラッテンベリー (0)
シム・シメール (0)
その他 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。